FC2ブログ

ちら裏製自由にき

日常、アニメ、ゲーム等のコトをグダグタと書いてるブログです。たまにまともなことを書いていたりする…かも?当ブログをPCより閲覧する際は、ブラウザ(IEまたはFirefox)の表示倍率を100~120%に設定することを推奨します。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

リンク その2

ポルトガル×北朝鮮 

この試合、誰があんなスコアを予想したのか。。

ポルトガル7-0北朝鮮

振り返るにはあまりに大変な試合なので(特に後半)、ちょっとした感想だけ。

前戦でブラジル相手に善戦した北朝鮮だったので、正直言って僅差の勝負かなぁなんて思ってました。スタメン見てもポルトガルはパス供給源のデコが欠場だったし、コートジボワール戦以前からずっとFWの決定力不足(運がないのもあったケド)、調子が上がらないということで微妙だなぁとね。
ところがどっこい、前半のメイレレスのゴールが引き金となったのか、後半は6点を取る猛攻。3失点以降足の止まった北朝鮮DF(SBのクリアミスなどもあった)を嘲笑うように流れの中から得点を重ねて、終わってみれば野球のスコアのようなことに。
マン・オブ・ザ・マッチは1点目のメイレレスですが、個人的には守備に攻撃に大活躍だったチアゴ、FWながら終始アシストに徹したC.ロナウドの働きを評価すべきかと思います。特にチアゴは本当によく動いていた!!
北朝鮮に関しては、大差をつけられても攻めに行く姿勢があっていいナって思いました。戦意喪失でもっと悲惨なことになってもおかしくなかっただろうけど、あくまでも1点取りに行こうとMFやDFが上がってクロスを出して狙って行ったり、中盤が仕掛けるといった場面が見られたのは良かったです。結果としてこうなったものの、次戦もこうした攻めの姿勢でいってほしいですね。まぁ、途中からショックと疲れで相手にプレスを掛けられなくなっていたのが残念(致し方ないこと)だったかな。。

この試合で北朝鮮の敗退が確定。もしや、監督や選手たちは帰国後…以下自重。

ポルトガルは次戦がブラジルとなw
ポルトガルはこの試合で得た得点のおかげでかなり有利になりました。コートジボワールが5点差以上で勝利することはあっても、同時にポルトガルが5点差以上で負けるというようなことは考えにくいので、恐らくはブラジルとポルトガルが勝ち上がるでしょう。という一般論では通じないのがW杯。どうなることやらw
スポンサーサイト



[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  感想(2010W杯)

アルゼンチン×韓国 

先程やってたこの試合を見ていたせいで、食わず嫌いの奈々様を見逃した自分です。
いいもん、イイプレーたくさんみれたから!
とか打っているけど、正直すごく悔しいですw
今から捜索する他ないなorz

試合のスコアは4-1でアルゼンチン。勝ち点を6に伸ばし、決勝T出場はカタイなという感じです。

前半
韓国は前からプレスをかけず、守ってカウンターという雰囲気。アルゼンチンは豊富なタレントの個人技、パス、クロス等々、様々な攻撃をしかけてました。
先制はメッシのFKからのOGでアルゼンチン。韓国としてはあれは責めきれない失点でしたね。
また、アルゼンチン2点目のイグアインは御見事でした。前戦で好機に得点できずじまいだったので、ようやくひと仕事してなってところではありますがw
残り10分くらいになってからは韓国が前線や中盤でプレスをかける場面があり、それがDFからのボール奪取→得点に結びついたかと。あれはDFの処理がおそまつだったのが一番とはいえ、そこを逃さず詰めた点は評価されるべきでしょう。
一点心配なのは、サムエルの負傷交代。ベロンがこの試合にケガの影響で出ていなかったので、これ以上けが人が増えると心配です。

ア2-1韓

後半
キムナミルを投入した韓国。中盤でのポゼッションを意識したのでしょうか?アルゼンチンは交代なしでスタート。
守備的にいくかなぁと思っていた韓国は結構攻めてたと思います。特に、パクチソンが外にパスを出してパク・チュヨンへつなぎ、キム・ナミルがミドルシュートというところは惜しかったです。あれとその前の惜しいシーンで入ってたら面白かったと思いますね。
一方のアルゼンチンは、前半に得点したイグアインが爆発。3点目のシーンでは、アグエロ→メッシ(シュート2回)→詰めてたイグアインという形で、非常に美味しいところをもっていったという感じでした。個人的にはアグエロとメッシが評価されるべきとこだったと思います。また、4点目もメッシのパス(DF5人を引きつけて浮かせる!)、そしてそれを1タッチでイグアインへ出すアグエロの技術が素晴らしかったです。まぁ、得点したイグアインは運がいいのだと思いますね(運も実力のry。
結局その後は終了までまったり進行。たまにアグエロとメッシが果敢にドリブルしてましたが、キープのためでもあったでしょう。

ア4-1韓で終了

まとめ
ベロンを欠いたアルゼンチンがどう攻めるか注目でしたが、蓋を開けてみれば影響など微塵も感じさせない圧勝でした。
今日の試合で選手を取り上げるとしたら、やはりメッシです。ほとんどの得点シーンに絡んでいて、とにかくすごいの一言。DFをかわす技術だけでなく、スペースづくりや予想を超えたパス(浮かせてスルーパスやばす)を出すところ、そして驚異のボールキープ力にシュートセンス。もう、ただただ脱帽ですw
あと、個人的にはテベス(強行突破、キープ、献身的な守備)、ディマリア(ポジション関係なく出没する運動量、パスセンス)、アグエロ(途中出場ながら得点に絡む動き)もキレキレで素晴らしかったと思います。またよいプレーを期待してます!
韓国は惜しいシーンが結構あったのに決めきれず残念でした。中心のパクチソンばかり注目されますが、MFはいい選手が揃っていると思います。とはいっても、やっぱり格が違うなぁと思わせるプレーが多かったですね>パクチソン

結構適当に打ってみた。まだ溜め込んでるやつたくさんなのに…先が思いやられるわw

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  感想(2010W杯)